ぐーたら主婦の徒然日記/熊本県 /肥大型心筋症/Twitter: @elala_cs /夫婦でDQ10/FF11(引退済)


by えらら
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

9・11

2001年9月11日

私はあの日の夜、何をやっていただろうか。

確か、あるドラマの最終回を観ようと思ってテレビの前に居た。
すると緊急ニュースで世界貿易センター(WTS)からもくもくと煙が出ていた。
ドラマの最終回が中止になったのも忘れて、NHKや民放のニュースを、チャンネルをポチポチ替えて見入っていた。

セカンド・アタックが来て、大きなビルが脆く崩れた。

まるで、映画を観ているような感覚に陥った。
これは嘘じゃないだろうか。ひょっとして幻?特撮?
でも、現実だった。


涙が止まらなかった。


翌日学校で、デザインを教えてくれている先生が言った。

「以前アメリカに行って、WTSを見たことがある。
 周りの古めかしい建物に比べると、なんて無機的なものだと思った。
 けど船からビルを見たとき、夕陽をあびて眩しく輝いてるそれは
 何よりも美しかった。」

先生の話を聞いて、夕陽に染まる2つの塔を想像していた。

「こういうとき、芸術は人の役に立たない。」

そんなことを、寂しそうに言っていた。



私は報復が良いことだとは到底思えない。
無関係な人が傷つきすぎる。
でも、
やり場のない悲しみと怒りを噛み締める遺族たちや
度重なる酷いテロをテレビ越しで観ていると、
本当に正しいことは何なのか、正直分からなくなってくる。

ただ、平和になって欲しい。
人々が安心して暮らせる、戦争の無い世界になって欲しい。

幼稚で無能な私は、それを祈ることしか出来ない。
[PR]
by elala_valefor | 2004-09-11 23:59 | その他 | Comments(0)